So-net無料ブログ作成

シンガポール デング熱 2013年の状況は? [海外]

シンガポールで流行が心配されるデング熱について語ります!


2013年ももうすぐ終わり…。


クリスマスや年末年始の連休に、近場のリゾート地・シンガポールにお出掛けを

予定されている方も多いのではないでしょうか?


そんな中、シンガポールの高級ブティックが立ち並ぶオーチャード地区で

デング熱が流行しているというニュースが飛び込んできましたΣ(´Д`*)マヂィ?!

4bfd1a01df8f656625401fec76ed466b_l.jpg

同地区では、感染者が既に100人を超え、デング熱の最重要警戒地区に指定されて

いるそうです。


気になる感染源は…

複合施設である「オーチャード・ゲートウェー」の建設現場の労働者15人の感染が

最初と見られています。


デング熱の特徴とは…

蚊によって媒介される感染性の病気で、感染後3~7日後に突然高熱を発する。

症状は激しい頭痛・筋肉痛・発疹。

症状が悪化すれば、最悪死に至る恐ろしい病気です。


予防措置としては、蚊に刺されないようにするしかないそうです。

「自分は大丈夫」と皆さん、思いがちですが、デング熱は2013年は既に感染者2万人超えなんですよ!

これまでに約5千人が入院し、死亡者も6人いるんです。

これは例年に比べ、かなり高い数字です。


取りあえず、現在オーチャード地区です、14か所の蚊の発生源を特定し、同地区の

デング熱は終息したとみられているそうですが…。


念のため、お出掛けになる方は、虫除けスプレーや蚊取り線香などの対策品を

お持ちになった方がいいかもしれませんね!


お仕事でどうしてもシンガポールへの渡航をキャンセルできない方もいらっしゃるでしょうし。


また、シンガポールには森林や動物園などもありますから、そういった所へ観光を予定されている方は、

十分対策されて下さいね~。


万一、渡航後に体調の不良を感じるようなことがありましたら、すぐに病院へ!


シンガポール渡航予定の方は、ちゃんと保険に入って下さいね!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。